蝶など

鳥見の合い間に撮影した蝶などの画像です。友人の写真を含め最近撮影した写真を掲載します。

なお、具体的な撮影地についての質問は蝶など・環境・住民への配慮などから応じられません。

     画像をクリックしてください。画像へのコメントは掲示板に書き込みお願いします。
660   エゾトンボ   2007年6月  北海道

  千葉県松戸市  伊東 誠氏撮影  エゾトンボ 、ギンボシヒョウモン、ヒガシカワトンボ、キベリタテハ

  北海道の昆虫です。  画像4枚。

659   オオモノサシトンボ  2007年7月16日  千葉県市川市の公園

  埼玉県川越市  伊藤 平彌氏撮影  オオモノサシトンボ

  亜成熟と思われる個体ですが撮影できました。雄の成熟個体が未だに綺麗に撮影できません。古くからの記録のある場所に観察に行ってきました。少しですが居ました。  画像1枚。

657   ツマグロヒョウモン  2007年7月3日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  ツマグロヒョウモン

  以前、家の花壇に飛来した南方系のツマグロヒョウモンが又飛来。今回も同じくパンジーの周りで飛び回り産卵行動が見られました。
  卵は直焦点改造機+Micro-NIKKOR 105mm F2.8,で撮影、500mm 相当での接写になります。  画像3枚。

656   ツバメシジミ  2007年6月30日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  ツバメシジミ、アオハダトンボ、コオニヤンマ、ルリシジミ、スググロシロチョウ

  30日は直焦点改造機を昆虫に向けてみました。  画像8枚。

655   ムササビ  2007年6月30日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  ムササビ

  午後時間が出来たので、むささびウォッチングへ。  画像3枚。

654   国際宇宙ステーションの光跡  2007年6月23日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  国際宇宙ステーションの光跡

  こんにちは、昨夜23日通過のISS光跡です。アルクトゥルス側を通過。
  2007年6月23日 20:09:40 〜20:11:10
  月が視野に、飛行機雲、薄雲が流れる中での撮影でした。
  5枚合成の画像です。
  istDS, 15mm, F4, ISO-1600, 20秒連写5枚、自作簡易自動赤道儀。  画像1枚。

653   グンバイトンボ  2007年6月23日  

  東京都葛飾区  十王舘 守氏撮影  グンバイトンボ

  今週のトンボです。
  やっとグンバイトンボが見れました。  画像3枚。

652   クロアゲハ  2007年6月23日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  クロアゲハ

  家の近くでクロアゲハ。  画像1枚。

651   アフリカの動物(30)  2006年8月1日〜8月2日  ケニアのマサイマラ

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  ヌー、グラントシマウマ、シママングース、ブチハイエナ

  ヌーの河渡りはまだ早いと言われながら半ばあきらめ、でも何とかと期待していました。幸運にもマサイマラ初日から眼のいいサファリドライバーが探し出しました。見つけると10分くらい道なき道を突っ走ります。両足を踏ん張って両腕は取っ手を固く握り締めて強烈な衝撃、振動に耐え続けました。着いてみると既に渡りきった後のときもありました。崖地でどうしても見晴らしが利かないところもありました。渡河の選定、時をヌーの長老が集まって相談します。なかなか渡りません。ずっと遠くへ移動したりすると気がもめます。子供が河に下りるのを許されると渡河が始まります。脇目も振らず全力で渡ります。親と子が離れ離れになります。その数も並の数ではありません。親は渡り終えた後、探します。見つからないと渡った河を渡り返します。戻った親は子供を探し当て今回の渡河をあきらめます。親子が再会した数も一段の集団になっていました。感激です  ハイエナに始まってハイエナで終わる広大なアフリカ  また訪れるでしょう。
  Nさんにはケニアの画像整理、Aさんには鳥の名を調べてもらいました。
  Kさん長々とお世話になりました。有難うございました。
  "総枚数 13,582枚の撮影でした"  画像10枚。

650   シオカラトンボ♀  2007年6月21日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  シオカラトンボ♀

  近くで蜘蛛の巣に一度掛かった感じのヤブヤンマ、よく見たら顔が一寸おかしい気がしますが?。  画像2枚。

649   アフリカの動物(29)  2006年7月31日〜8月1日  ケニアのマサイマラ

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  イワハイラックス、シママングース、マサイキリン、ナイルワニ

  マラ河ではヌーとナイルワニの死闘が繰り広げられましたその場に駈けつけた時は既に川の真ん中でヌーの後ろ足をくわえたナイルワニが水の中に引きずり込もうとしていました。ヌーの足が立たないところです。ヌーは懸命に泳いで岸を目指しますがほとんど同じところでやっと引きずり込まれないで頑張っています。お互いに疲れ果てました。サファリドライバーはナイルワニがヌーを助けてやったと称しました。ヌーがナイルワニから逃れ岸に着きました。普通なら登れる崖も傷ついていて何度も試みますが登れませんそこへナイルワニがすごい勢いでガブリとヌーの頭にかぶりつきましたそして深みへ引きずり込み見えなくなりましたその間、たどり着いてから見えなくなるまで5分と掛かっていませんでした。  画像10枚。

648   キイロヤマトンボ  2007年6月16日〜17日  

  東京都葛飾区  十王舘 守氏撮影  キイロヤマトンボ、カラカネトンボ、エゾイトトンボ

  今週は土日とも天気が良かったので少し遠征してきました。  画像3枚。

647   アフリカの動物(28)  2006年7月30日〜31日  ケニアのマサイマラ

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  カバ、グラントシマウマ、トピ、ヌー、チータ

  ロッジにつくとまず電源の確認です。電気が使える宿をサファリの条件にしていました2台のパソコンは常時動かしていました。国立公園の中にはほとんど送電されていません。自家発電で使用できる時間がその日その日で違うロッジ、スケジュールに無いテントロッジに連れて行かれて電気が使えなくて、翌日は要求してスケジュール通りに戻してもらったり、電気が使えるそれは明かりだけだったり、色々ありました。  画像10枚。

646   「2007 SSP大賞 一般公募自然写真コンテスト」授賞式  2007年6月9日  東京都千代田区

    

  キムヒロ)  「幡多の海」で大月町で海の中の撮影をしておられる吉田直樹さんが日本自然科学写真協会(SSP)が主催している創立30周年記念「2007 SSP大賞 一般公募自然写真コンテスト」で[ 推薦 ]という賞を受賞しました。応募421点中の大賞に次ぐ第二位の賞[ 推薦 ]1点です。その下に「特選」3点、入選5点がありました。
  全国での展示会の案内、受賞者は  http://japan-inter.net/ssp/index1.html
      画像3枚。

645   タテヤマリンドウ  2007年6月12日  尾瀬ヶ原、山の鼻周辺

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  タテヤマリンドウ、クルマバツクバネソウ、サンカヨウ、ショウジョウバカマ、シラネアオイ、ミズバショウ、リュウキンカ、燧ヶ岳、至仏山

  12日、花の咲き始めた尾瀬ヶ原、山の鼻周辺で散策撮影した画像。
  アップ撮影は、AF付き直焦点改造機にNikon Micro-NIKKOR 105mm F2.8、350mm 相当で試し撮り。  画像9枚。

644   アフリカの動物(27)  2006年7月29日〜30日  ケニアのマサイマラ

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  チータ、ライオン、セグロジャッカル、トムソンガゼル、セグロジャッカル、トムソンガゼル、アフリカスイギュウ、アフリカゾウ

  ナイロビのホテル着ではサファリカーの床下まで柄の着いた鏡で爆発物などの検査をします。
  宝石店ではドアが檻の様になっていて中に入る人を制限しています。
  タンザニアでは長い銃を持った私設のガードマンが両替所で警戒しています。
  ナイロビからマサイマラまで飛行機に乗ります。
  2人でも重量オーバーなので他の客と合わせて貰ってオーバーをクリアしました。  画像10枚。

643   ムササビ  2007年6月11日  群馬県

  群馬県榛東村  森野 洋一郎氏撮影  ムササビ

  先日使用中の虚があった大きな木が倒れ、他に使えそうな虚は無い様なので巣箱の製作を検討してもらう事にしました。
  職員は忙しくて製作時間がないそうなので、ボランティアを考えています。
  今朝のムササビ、ムーちゃんです。  画像1枚。

642   アフリカの動物(26)  2006年7月27日〜28日  ケニアのナクル湖、ナイロビナショナルパーク

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  アビシニアンコロブス、インパラ、ウガンダキリン、グラントシマウマ、シロサイ、イランド、グラントシマウマ、ハーテビースト、マサイキリン

  猛禽類は居ます。林の中にアフリカスイギュウが死んでいましたが傷ついては居ないようでナクル湖畔でフラミンゴを食べているハゲコウなどはこちらに来ればいいのにと思いました。  画像10枚。

641   アフリカの動物(25)  2006年7月25日〜26日  ケニアのナクル湖

  東京都多摩市  大原 康一氏撮影  イボイノシシ、イワハイラックス、インパラ、ウガンダキリン、サバンナヒヒ、シロサイ、デファーサウォーターバック、トムソンガゼル

  ナクルには鉄道の駅があり、高級な住宅が多く見られます。
  ナクル湖国立公園はナクル湖を取り囲んでいて入る道は限られています。  画像10枚。




前の621〜640へ2007年5月〜2007年6月撮影
前の601〜620へ2007年4月〜2007年5月撮影
前の581〜600へ2007年3月〜2007年4月撮影
前の561〜580へ2006年12月〜2007年3月撮影
前の541〜560へ2006年8月〜2006年12月撮影
前の521〜540へ2006年7月〜2006年8月撮影
前の501〜520へ2006年5月〜2006年6月撮影
前の481〜500へ2006年3月〜2006年5月撮影
前の461〜480へ2005年10月〜2006年3月撮影
前の441〜460へ2005年8月〜2005年10月撮影
前の421〜440へ2005年7月〜2005年8月撮影
前の401〜420へ2005年6月〜2005年7月撮影
前の381〜400へ2005年5月〜2005年6月撮影
前の361〜380へ2005年5月〜2005年5月撮影
前の341〜360へ2005年4月〜2005年9月撮影
前の321〜340へ2005年2月〜2005年4月撮影
前の301〜320へ2004年10月〜2005年2月撮影
前の281〜300へ2004年10月〜2004年10月撮影
前の261〜280へ2004年9月〜2004年10月撮影
前の241〜260へ2004年8月〜2004年8月撮影
前の221〜240へ2004年7月〜2004年8月撮影
前の201〜221へ2004年6月〜2004年7月撮影
前の181〜201へ2004年6月〜2004年6月撮影
前の161〜180へ2004年6月〜2004年6月撮影
前の141〜160へ2004年5月〜2004年6月撮影
前の121〜140へ2004年4月〜2004年5月撮影
前の101〜120へ2004年4月〜2004年4月撮影
前の81〜100へ2004年3月〜2004年4月撮影
前の61〜80へ2003年12月〜2004年3月撮影
前の41〜60へ2003年10月〜2003年11月撮影
前の21〜40へ2003年9月〜2003年10月撮影
前の01〜20へ2003年6月〜2003年9月撮影

TOP・扉へ